鶴巻温泉 弘法の里湯

神奈川県秦野市鶴巻北3-1-2 Tel:0463-69-2641
http://navi.city.hadano.kanagawa.jp/kankou/satoyu/index.html


《神奈川県での宿泊予約は こちら から》
新宿から小田急線に乗り、一路小田原方面へ。本厚木を過ぎたあたりから、車窓の景色は急にのどかになってくる。新宿を出てちょうど1時間で鶴巻温泉駅に到着。温泉街は駅前すぐのところに広がっている。
鶴巻温泉は戦前からある温泉だが、雰囲気はあまり温泉街っぽくない。住宅地の中にポツポツと旅館が点在しているという感じで、特に土産物屋や歓楽街がある訳ではない。
弘法の里湯は2001年にオープンした秦野市営の日帰り温泉施設で、駅から徒歩1分という好立地にある。

浴場は石と丸太で作られた「山湯」と桧造りの「里湯」があり、男女が日替わりになっている。私が訪れた日は、山湯が男性用であった。
湯船と床、壁は石張りで、天井は重厚な木造り。山小屋をイメージして作られたとのことで、ほの暗い浴室内はなかなか良い雰囲気である。スチームサウナもあるのだが、水風呂が無いのは残念..
外には庭に面した露天風呂がある。内湯と同じく石張りの湯船で、ぬるめなのでいくらでも入っていられる。

湯は無色透明の食塩泉。弱い塩味があり、なんでもカルシウムの含有量は世界一だとか.. 塩素臭が強いのが少々興醒めだが、温泉法改正以前から循環濾過していること、消毒用に塩素を入れていることをちゃんと掲示しており、その姿勢には好感が持てる。

入浴料金は1,000円。土日はたいへん込み合うので、2時間の時間制限がある。確かに私が訪れた時もかなり混んでいた。これで空いていれば言う事なしなのだが..

他に「鶴の湯」と称した貸切浴室もある。貸切料金は1時間1,000円だが、写真で見る限り、かなりちゃんとした風呂のようである。露天風呂も付いているので、これはお得だと思う。
2階には大広間があり、浴後、休憩することができる。ただし客で溢れていたので、私は入ることすらできなかったが.. また、さすがに神奈川県一の蕎麦の産地だけあって、蕎麦処もある。私は入っていないが、結構本格的な蕎麦を出す店のようであった。
 泉質
カルシウム・ナトリウム-塩化物泉 26.3度
 日帰り入浴情報
10:00〜21:00 月休 1,000円(平日は800円)
 アクセス
小田急鶴巻温泉駅から徒歩2分。
|戻る|

スパミシュラン 神奈川県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2003年
 (最終更新日: 2003年10月)